独立行政法人 水産総合研究センター 栽培漁業センター
さいばい日記

栽培漁業センター職員のさいばい日記です。
栽培漁業センターでは、毎日、たくさんの魚たちの世話で大わらわ。
魚が元気よくエサを食べているか、病気になっていないか、ちょっとした変化も見逃せません。
でも、魚たちがちゃんと大きくなって海に放流する日は、それまでの苦労も吹き飛んでしまいます。
そんな奮闘する職員の日記をのぞいてみましょう。
トラフグ編 (2009年2〜8月、2010年10月〜2011年1月)

南伊豆栽培漁業センターの
鈴木重則です。
2009年2〜8月に掲載した日記では
親フグの活け込みから
稚魚の放流までをお知らせしました。
そして、2010年10月。
あのとき放流したフグ坊たちとの
再会のシーズンがやってきました。
ズワイガニ編 (2008年11月〜2009年6月)




小浜栽培漁業センターの
山本岳男です。
ズワイガニの種苗生産は
小さなことからコツコツと!
クロソイ編 (2008年5月〜11月)




宮古栽培漁業センター
クロソイ飼育担当の
野田 勉です。
現職3年目、まだまだ
修行中!
ホシガレイ編 (2008年1月〜6月)





宮古栽培漁業センターの
清水大輔です。
ホシガレイの種苗生産は
涙あり、笑いあり?