独立行政法人 水産総合研究センター 栽培漁業センター
放流情報
2009年6月29日、6月30日 ヒラメ放流
 小浜栽培漁業センターで飼育したヒラメ種苗を放流しました。
 今年は、昨年度に引き続き,同じ飼育群を2つに分け、一方は海岸に設置した4m角の囲い網8基に収容し1週間の馴致を行いました(囲い網馴致群)。
 これは、放流場所の環境に慣れさせてから放流することで放流後の生き残りを高めることを目的としています。
 もう一方はコンクリート水槽での飼育を継続した群で(水槽育成群),水槽から取り上げて直接放流しました。放流後はソリネットによる試験採捕や市場で水揚げされたヒラメを調べて、放流方法の異なる2群の生き残りや成長などを比較し,馴致の効果を調べていきます。

 この放流に関する詳しい情報のお問い合わせは、小浜栽培漁業センターまでお願いします。
■2009年6月29日放流
場 所 :福井県大飯郡高浜町若宮海水浴場隣 水深1〜2m
魚 種 :ヒラメ 囲い網放流群
尾 数 :4.0万尾
サイズ :全長87mm
標識の種類 :耳石標識(2重)
放流試験の目的 :囲い網馴致の有効性について検討
対応者等 小浜栽培漁業センター 藤本宏主任技術開発員
囲い網の設置
■2009年6月30日放流
場 所 :福井県大飯郡高浜町若宮海水浴場隣 水深1〜2m
魚 種 :ヒラメ 直接放流群
尾 数 :3.7万尾
サイズ :96mm
標識の種類 :耳石標識(1重)
放流試験の目的 :囲い網馴致の有効性について検討
対応者等 小浜栽培漁業センター 藤本宏主任技術開発員員
直接放流群の放流
←前の情報へ | 放流情報一覧にもどる  | 次の情報へ→
→放流情報トップページへ戻る