独立行政法人 水産総合研究センター 栽培漁業センター
さいばいコラム
No.18  黒の魅力!〜クロソイは小さい時から黒いソイ?〜
2008.01.07
宮古栽培漁業センター 野田 勉
 『黒』は高級感漂う色として、流通業界ではトレンドだそうです。栽培漁業の対象種にもクロマグロやクロダイ、クロアワビ・・・名前にクロの付く魚が多数見られます。
 そんな中で、皆さんクロソイという魚はご存じでしょうか。北日本を中心に種苗が放流され、宮古では20%を超える回収率や放流によって水揚げが4倍に増えるなど、明確な放流効果が見られている魚です。一方、栽培漁業センターのホームページでは、トピックスに取り上げられたり、壁紙カレンダーになったりと、多方面で大活躍しています。
 
 今回はそんなクロソイの『衣替え』についてお話しましょう。魚なのに『衣替え』??? まあ、それは後のお楽しみ。
三陸の短い夏の間、海水浴場で泳いでいるとクロソイの稚魚(人間で言うと幼稚園児)があちこちで見られます。産まれるのは5月〜6月なので、生後3ヶ月くらいでしょうか。彼らの幼稚園は餌や隠れ場所の多い藻場や干潟です。その場所を少しのぞいてみました。

まずは藻場の幼稚園。
約5cmの稚魚ですが、濃淡のはっきりとした服ですね。
ところどころ金色に光って、きらびやかな感じもします(写真1)。
  写真1 藻場幼稚園で育つクロソイの稚魚(5cm)
       ところどころ金色に光って見える
次は干潟の砂地の幼稚園。
模様は似ているのですが、全体的に銀色です。
砂地の色に近いようにも見えます(写真2)。

このように、幼稚園で育つ稚魚たち。
「クロソイ」という名前を忘れるくらい、黒い色が少ないのに気が付きましたか?
  写真2 干潟・砂地幼稚園で育つクロソイの稚魚(5cm)
       黒というより銀色?
 クロソイの黒い色の秘密は、皮膚や鱗にある小さい細胞「色素胞」にあります。大人のクロソイは、黒い色の色素胞が密に分布していますが、子供のクロソイは、この色素胞が完成に向かう時期のため、不完全で、多い場所、少ない場所の差があります。このため、このような模様になるのです。
 しかし、不完全でもその色素胞は立派な機能を持っています。彼らは幼稚園の環境によって、服装(=体の色)を変えることができるのです。色素胞を上手に使うことで、白っぽい場所では薄い色、濃い色の場所では濃い色に変え、敵から発見されにくくしていると考えられます。

次に、もう少し大きいクロソイのいる、小学校くらいの場所をのぞいてみましょう。
12月の壁紙カレンダーにもなったクロソイです。ちょっと精悍な顔つきですね(写真3)。
だいぶ黒くなってきた、と同時に今までなかった場所にも色が出てきたことがわかりますか? 尻ビレに赤い色と青〜緑色がかった部分があります。
赤い部分は棘条(きょくじょう)と呼ばれています。クロソイの背ビレ、腹ビレ、尻ビレの前方にあり、しっかりした硬いトゲが中心となって形成されています。体勢を保ったり、ブレーキを掛けたりするときに活躍すると考えられています。

一方、緑がかった部分は軟条(なんじょう)と呼ばれています。その名の通り、軟らかく、しなやかで、泳ぐときの水かきの効果を最大限に発揮できるようになっています。
尻ビレは、この2つのものが組み合わさってできています。

  写真3 小学生クロソイ(7cm)
       黒以外にも、いろいろな色を持っています
 小学校に入学したクロソイは、体だけでなく、棘条の色素胞も徐々にしっかりしたものに変わってきます。成長とともに色素の沈着度合いが進むと体色は、白→黄色→褐色→暗褐色→黒というように、変化していきます。この個体の棘条は、ちょうど黄色と褐色の間くらいの段階で、赤っぽく見えますが、特にケガして傷ついてしまったわけではありません。

 一方、軟条は薄いため、丈夫になるのが若干遅い上に、棘条とは存在する色素胞の色が異なっているようです。緑色になる詳しい経緯は不明な点が多いのが現状です。
さて、写真に戻ってみましょう。
このクロソイは「ちょうど、体の中の色素胞が完成に向かっている時期」といえます。これがさらに大きく10cmくらいになると、次第に成魚の色合い(=黒色)に近づいていきます(写真4)。
  写真4 標識放流サイズ(10cm)のクロソイ
       アンカータグ標識装着。もうすっかりオトナの色彩
 クロソイは、このようにいくたびかの『衣替え』を経て、立派な、高級感漂う黒色になっていくのです。一方、子供の時代にほんの一時期だけ現れる赤や緑の美しい色もまた、魅力的だと思いませんか?魚の色には、まだまだわかっていない謎がいっぱい含まれています。
 クロソイに現れるその美しい色が、厳しい生存競争の中で生き抜いていく『戦闘服』のように感じるのは、私だけでしょうか?
←前のコラムへ | コラム一覧へ | 次のコラムへ→