独立行政法人 水産総合研究センター 栽培漁業センター
NEWS 栽培漁業センター
2009年9月1日 奄美栽培漁業センターがJA奄美の取材を受けました
奄美栽培漁業センター 2009.9.14掲載
2009年9月1日、奄美栽培漁業センターは鹿児島県の離島地区の農協であるJA奄美の取材を受けました。

近年、マグロ資源が世界的に減少していることから、クロマグロの栽培漁業や養殖に対しては、みなさんから強い関心が寄せられています。
そのため、クロマグロ増養殖技術の開発を行っている奄美栽培漁業センターは、しばしば新聞やテレビなどの取材を受ける機会があります。

今回は、そんな奄美栽培漁業センターの業務内容、さらに仕事をしながら感じる奄美大島・加計呂麻島(かけろまじま:奄美栽培漁業センターの所在する島)の魅力について、奄美栽培漁業センターの職員に語ってもらう、ということでの取材でした。
奄美栽培漁業センターの仕事内容について熱く語る江場技術員
取材では、
「普段の仕事で苦労していることは?」
「仕事の中で特に情熱をもって行っていることは?」
「加計呂麻島の魅力は?」
などの質問に対して、江場・樋口の両職員がクロマグロの飼育・研究の大変さや、やりがい、加計呂麻島の豊かな自然について熱く語りました。

この取材の結果は、加計呂麻島の情報誌「家族の健康が何よりも幸せ“かけろま通心”」の「島に生きる」のコーナーに掲載される予定です。
こうした情報発信によって地元の方々との結びつきを深め、より多くの方に奄美栽培漁業センターの役割と手がけている研究開発について理解してもらえたらと思います。

(奄美栽培漁業センター 樋口健太郎)
←前の記事へ |  NEWS掲載記事一覧へ | 次の記事へ→
→トップページへ戻る