独立行政法人 水産総合研究センター 栽培漁業センター
NEWS 栽培漁業センター
2009年8月9日 京丹後市「ふるさと海づくり大会」でアカアマダイを展示
宮津栽培漁業センター 2009.8.18掲載
2009年8月9日、間人(たいざ)ガニで有名な京都府京丹後市
丹後町の間人漁港で海の環境保全や水産業の振興をテーマに
「ふるさと海づくり大会」が開催されました。

このイベントで、宮津栽培漁業センターは
アカアマダイの水槽展示を行い、栽培漁業のPRを行いました。
当日は雨でしたが、約2千人の地元の方々や小学生、
京都市からの観光客が訪れました。
会場では丹後町の「城嶋太鼓保存会」による太鼓演奏や
間人小学校の鼓笛隊がイベントを盛り上げ、
スルメや海藻押し葉作りなどの体験講習会などもあり、
多くの人達が楽しんでいました。
正解者には先着順で景品が進呈される「ふるさとクイズラリー」
では、こっそり「答えをおしえて」とささやいてくる子どもたちに、
私も苦笑い。

宮津栽培漁業センターでは、毎年、このイベントに参加し、
アカアマダイの展示を行っています。
展示コーナーには、家族連れが目立ち、
みなさん水槽内で泳ぐアカアマダイに目を見張り、
アカアマダイが巣穴をつくる話に耳を傾け、
LEDライトを照らして光るイラストマー標識のついた
アカアマダイに感心していました。

また、アカアマダイが巣穴を作っている水深70mの海底から
採取した泥を展示したところ、
珍しそうに泥に触ってその感触を楽しんでいました。
また、会場で配布した栽培漁業のパンフレットは
お母さん方に大好評でした。
夏休みの宿題の手助けとなっているそうです。

次の機会には
もっと多くの人に栽培漁業について関心を持ってもらえるように、
さらに一工夫した展示を企画したいと思っています。

(宮津栽培漁業センター 町田雅春)
←前の記事へ |  NEWS掲載記事一覧へ | 次の記事へ→
→トップページへ戻る