独立行政法人 水産総合研究センター 栽培漁業センター
栽培漁業センター紹介 (2010.8更新)


 沿革と研究開発の歴史
 施設設備の概要
 研究課題
 会議
 技術研修
 研究開発成果
栽培漁業センター一覧に戻る
 屋島栽培漁業センターは香川県高松市屋島に位置し,香川県水産試験場と香川県栽培漁業センターに隣接しています。この地は瀬戸内海国立公園の中心で,源平合戦で有名な史跡があり,目前には屋島湾,湾口から遠く小豆島,対岸には庵治石で有名な五剣山(別名八栗山)を望み,気候温暖で風光明媚な場所です。
屋島栽培漁業センター写真 当センターがある海域は小型底曳網,および小型定置網漁業が盛んな場所であり,この他にイカナゴが対象の「こまし網」,サワラ,マナガツオを対象とした「流し刺網」等の漁業があります。

 また,香川県は養殖が盛んな地域で,引田の安戸池はハマチ養殖の発祥の地でもあり,近年は小豆島特産のオリーブの葉を餌に混ぜて育成した「オリーブハマチ」や大型生け簀で育成した「引田ブリ」などのブランド化を図っており,屋島湾口にはこれらのハマチの養殖筏が並んでいます。

 沿革と研究開発の歴史
 屋島栽培漁業センターは,昭和35年の瀬戸内海をモデルにした大規模増殖実験事業の構想の中で,その施設整備の一環として昭和38年度 に(社)瀬戸内海栽培漁業協会屋島事業場として開設されました。平成15年10月に水産総合研究センター屋島栽培漁業センターとなり,現在に至っています。

 これまで当栽培漁業センターが手掛けた魚種は,マアジ,マナガツオ,キス,ハギ類,キュウセン,マアナゴ,アカガイ等の22種類に達しています。ブリでは五島栽培漁業センター等で開発された早期採卵技術の成果を活用し,瀬戸内海東部海域において天然魚と同等の大きさの早期種苗放流を行うことによって瀬戸内海東部海域,およびその周辺での漁業への貢献度合の高いことを実証しました。

 現在は,サワラの健全種苗の生産技術の開発,瀬戸内海東部海域でのサワラの放流効果調査,閉鎖循環システムを用いた種苗量産技術の開発,マダコの基礎的飼育技術の開発,トラフグの量産技術に取り組んでいます。

 サワラについては一時技術開発を休止していましたが,最近の瀬戸内海サワラ資源の減少を背景に地元のサワラ漁業者団体等からの強い要望を受け,サワラの種苗生産・放流を平成10年度から再開し,瀬戸内海関係府県・漁業関係者一丸となって取り組むとともに,国の資源回復計画の第1番目の魚種として取り上げられています。
 現在では10〜20万尾程度の健全な種苗を生産できる技術が開発され,これまでの放流効果調査の結果からサワラの放流種苗は効率的に資源加入することが示唆されています。>
マダコ写真
マダコ

イカナゴシラスを摂餌するサワラ稚魚の写真
イカナゴシラスを摂餌するサワラ稚魚

 また,瀬戸内海の資源量が極めて低水準にある状況から,瀬戸内海東部海域では漁獲物の中の放流魚の混入率は3〜4割程度を占める事例もあり,種苗放流による資源回復に大きく寄与している可能性が高いことが明らかになりました。
 一方,サワラの栽培漁業における経済効果調査の結果では,種苗生産から放流までの経費の2〜7倍の漁獲高が得られる事例があるなど,高い経済効率が示されています。

 「環境負荷軽減」「省コスト」「高生産性」「疾病防除」などの長所を持つ閉鎖循環システムを用いた種苗量産技術については,平成12年度より研究を開始し,種苗生産に適した閉鎖循環システムの開発とその応用技術の開発を行っています。
 閉鎖循環飼育システムは水中の懸濁物を効率的に除去する「泡沫分離装置」と「生物ろ過装置」についてそれぞれ独自の装置を開発し,生物ろ過槽の硝化細菌の動態についても北海道区水産研究所・東北区水産研究所との連携で研究を進めています。また,最先端の工学的な技術を導入することによりシステムの性能向上を図る研究開発を実施中で,さらなる高性能・省コスト・メンテナンスフリーのシステムが構築されつつあります。さらに,閉鎖循環飼育が持つ前述の4つの効果についてマダイの種苗生産試験で検証し,閉鎖循環飼育の有効性を明らかにするとともに,他魚種への応用としてトラフグ・キジハタ等で環境要因の要素解析試験を実施しています。また,親魚養成においても閉鎖循環飼育を導入することにより,冬季の加温用の燃油経費削減が可能となり,大きな省エネ効果が示されています。

 マダコについては,我が国で継続して飼育研究を推進している唯一の機関です。瀬戸内海の重要魚種であるマダコの種苗生産技術の開発については昭和55年度から取り組んできましたが,浮遊期〜着底期の飼育が極めて難しく完全な飼育技術はいまだ確立されていません。
 しかし,餌料としてチベット産アルテミアとイカナゴシラスの砕片肉の給餌が成長・生残の向上に効果的であることが判明し,底生生活期の稚ダコを生産できる事例がみられています。現在では,マダコの発育に重要な栄養素の探求を実施しています。

 トラフグでは,昭和61年度から技術開発を再開し,放流用種苗の確保の観点から天然魚を長期養成し,水温コントロールとLHRHによるホルモン処理による催熟技術の確立により,安定的な大量採卵技術が確立され,現在は閉鎖循環飼育を導入し,種苗生産技術分野でも様々な取り組みをしています。瀬戸内海西部海域と九州北部海域では広域的な関係県との連携により,種苗放流が行われており,近年では,放流魚調査から山口県の瀬戸内海沿岸に産卵回帰し,漁獲されたトラフグの約4割が屋島栽培漁業センターの飼育親魚由来の放流魚であることが明らかになっています。
 また,瀬戸内海区水産研究所,(独)水産大学校,山口県と共同で行った遺伝子解析によって,それらの放流魚が産卵して子孫を残していることが明らかになり,注目を集めています。
↑このページのトップに戻る

 施設・設備の概要
 屋島栽培漁業センターの敷地面積は10,541m2,建物面積は3,369 m2で,管理棟,稚魚棟,ワムシ培養棟等の施設を有しています。
 飼育水槽は200kL水槽4面,50kL水槽6面,40kL水槽2面,30kL水槽10面,25kL水槽3面,8kL水槽10面,5kL水槽14面等を技術開発用に整備しています。また,マダイ親魚用の筏が3基と海上作業船が1隻配備されています。
 平成18年度には「閉鎖循環飼育棟」 が新設され,飼育環境の安定と疾病防除による種苗生産技術の安定化および周辺海域への汚濁負荷量の軽減を目的とした閉鎖循環飼育システムが,20kL水槽用に2基,5kL水槽用に6基設置されました。現在では小試験用水槽および既存水槽に設置した分も含めてセンター内の0.5〜50kL飼育水槽に対応するシステムが総計で26基稼働しています。
↑このページのトップに戻る

 研究課題の全体計画と平成22年度計画
全栽培漁業センターの研究課題一覧→
1.魚類飼育における初期減耗要因と適正な飼育環境の把握(マダイ・トラフグ・キジハタ) (予算:交付金一般研究)
【全体計画】新しい種苗生産システムである閉鎖循環飼育技術の開発として,マダイを材料に高密度飼育等の効率的な種苗生産技術の開発を行うとともに,大型水槽での実証を試みます。同時に,窒素収支等の試算やマダイのアンモニア等の耐性等の基礎的試験を実施し,閉鎖循環飼育の実用化に向けた基礎的情報の蓄積を行い,技術マニュアルを作成します。また,マダイ以外の魚種についても,当システムを用いた種苗生産技術の応用を図るための基礎試験を実施し,技術の蓄積を図ります。

【22年度計画】マダイの種苗生産では,閉鎖循環飼育システムを用いた生産過程での物質収支を精査します。また,親魚養成へ閉鎖循環飼育を導入し,省エネルギー効果の検証をします。また,キジハタ・トラフグでの応用試験と閉鎖循環飼育の普及の一環として,県との共同研究で実証試験を開始します。

2.重要魚種の資源培養技術の開発(サワラ) (予算:交付金一般研究)
【全体計画】種苗放流を継続しモニタリングすることにより,資源の減少が著しい本種の栽培漁業による資源回復の検証を行います。また,瀬戸内海東部海域で種苗放流したサワラでは,放流の波及範囲が西部海域にも及んでいることが明らかになったことから,西部海域の関係県と連携して放流効果を明らかにします。また,日本近海のサワラの遺伝的集団構造を明らかにします。

【22年度計画】サワラの放流試験では市場調査を継続し,瀬戸内海における放流魚の回収率を推定します。また,種苗生産・中間育成技術として配合飼料の利用の可能性を念頭に置いた餌料の検討を行います。

3.種苗生産が難しい魚介類の飼育に係わる基礎技術の開発(マダコ) (予算:交付金一般研究)
【全体計画】重要な水産資源であるマダコの資源量は減少し,外国からの輸入が多いのが現状であり,資源の回復・維持のため増殖技術の開発が強く望まれています。しかし,種苗量産を前提とした飼育技術は未開発であるため,基礎的な種苗生産技術の開発を進めます。

【22年度計画】マダコ幼生飼育における適正照度の検討やマダコ幼生の水質耐性など環境要因の調査を行います。

4.自然エネルギー利用型冷水・温水大量製造システムの実用化及び食糧生産への適用実証
  (予算:経済産業省;低炭素社会に向けた技術シーズ発掘・社会システム実証モデル)
【22年度計画】水素吸蔵合金を用いたMH冷凍システムでの工場等の廃熱を利用したエネルギー循環型の熱交換システムを使用し,省エネルギー型の陸上養殖システムの実証を行います。愛媛県西条市にこれまでの屋島栽培漁業センターで構築した最新の閉鎖循環飼育システムを設置し,今年度はサツキマスを対象とした養殖試験においてのシステム稼働を行います。
↑このページのトップに戻る

 会議(屋島栽培漁業センターが事務局のもの)
会議名 会議内容
栽培漁業瀬戸内海ブロック会議 栽培漁業に関する施策や技術開発上の課題・問題点等について,関係機関と情報交換及び協議を行う
栽培漁業研究開発推進特別部会 全国トラフグ栽培漁業技術開発検討会 採卵,種苗生産,中間育成,放流技術の検討
↑このページのトップに戻る

 技術研修(屋島栽培漁業センターで実施している研修)
研修名 開催時期 開催期間
サワラの種苗生産技術と放流効果調査・解析手法に関する研修 6月頃 2日
↑このページのトップに戻る

 研究開発成果(平成19年度〜21年度)
 査読論文
タイトル 著者 書名 発行年 巻・号 ページ
Evaluation of stocking effectiveness of the Japanese Spanish mackerel in the eastern Seto Inland Sea, Japan Obata, Y., H. Yamazaki, A. Iwamoto, K. Hamasaki and S. Kitada Reviews in Fisheries Science in press
Rearing of Octopus vulgaris paralaravae: Present status,bottlenecks and trends J.Iglesias, F.J.Sanchez, J.G.F.Bersano,J.F.Carrasco, J.Dhont, L.Fuentes, F.Linares, J.L.Munoz, S.Okumura, J.Roo, T.van der Meeren,E.A.G. Vidal,R.Villanueva Aquaculture 2007.6 266 1-15
 学会発表
タイトル 発表者 学会名 開催年
閉鎖循環システムを用いたマダイ種苗生産の研究−V 泡沫分離装置の有効性 山本義久・岩本明雄・西郷晃一・遠藤雅人・竹内俊郎 平成20年度日本水産学会春季大会 2008.3
 雑誌等
タイトル 著者 書名 発行年 巻・号 ページ
マダイを対象とした閉鎖循環飼育-II 人工海水の利用 山本義久 栽培漁業センター技報 2008.2 7 23-28
サワラ −放流したサワラの稚魚は瀬戸内海で元気に育っています− 岩本明雄 FRAニュース 2008.1 13 16-17
日本の味に希望はあるのか?
「美味しんぼ」 第588話(食の安全?)
(サワラ栽培漁業の現状を紹介しサワラ資源回復計画が成功したとして紹介される)
雁屋 哲・花咲アキラ 週刊ビックコミックスピリッツ,小学館,東京 2007.12 12月10日号
No.52,通巻No.1328
151-172
マダコの種苗生産技術開発〜餌料系列の改良等で着底幼生の量産が可能に〜 山崎英樹 アクアネット 2007.6 10(6) 34-
銅イオン発生装置によるトラフグのビブリオ病防除の可能性(2) 藤本 宏・岩本明雄 栽培漁業センター技報 2007.5 6 16-18
 栽培漁業センターホームページ トピックス
No. タイトル 掲載日
162 「さわら瀬戸内海系群資源回復計画」 サワラ放流種苗用餌料の配合飼料化を目指して!
2011.1.17
136 閉鎖循環システムを用いて海がなくてもトラフグ生産が可能 2008.10.15
121 水を換えずに循環・浄化して再利用する閉鎖循環飼育のお話し 2008.1.18
117 謎の栄養素探し ―マダコの種苗生産に必要な栄養素の探索― 2007.10.19
113 今年はがいに(たくさん)サワラの赤ちゃんができました 2007.8.3
↑このページのトップに戻る
栽培漁業センター一覧に戻る
トップページに戻る